« 手作りケーキ工房Asahiya | トップページ | 体脂肪日記 »

2005年11月28日 (月)

日勝峠

今夜は深夜0:10に苫小牧を発ち、帯広へと向う。平取を過ぎ、振内あたりから圧雪アイスバーン。日高町までくると温度計はは‐ 10℃を指している。このあたりからツルツル路面となり、冬道に慣れていない乗用車が30㎞のノロノロ運転で渋滞を巻き起こす。 運転に自信のない人は、この時期は乗らないで欲しい。どのくらい滑るかハンドルを左右に小刻みに振って確かめると、 反応にかなりの差を感じる。ハンドルを握る手に汗がにじむ。お尻がムズ痒い。四合目あたりで最低気温の‐14℃。路面状態は最悪。 他の峠と違って、大型車が頻繁に走る路面温度は‐3℃位だろう。日勝トンネルを過ぎると、帯広の夜景が目に飛び込んでくる。きれいだ。 気温は‐6℃に上がり融雪剤のおかげで、タイヤにグリップが戻ってきた。ホットする。そのあとは快適なドライブで、2: 50に帯広のアパートに着いた。

|

« 手作りケーキ工房Asahiya | トップページ | 体脂肪日記 »

コメント

こんばんは、サダ吉さん。
先週末帯広の親が来ていて、日曜帰って行ったんですが、日勝峠は昼も雪が降っていて、日高側7、8合目あたりで車2台が事故ってたそうです。
サダさんも気を付けて下さいね。

投稿: そのみ | 2005年11月28日 (月) 22時52分

そのみさん、こんにちは。日勝峠は、峠の中でも、もっとも危険なところですよね。それは、大型車が多いこと、各車とのスピードの差が大きいこと、そして距離が長いことです。
2008年頃には、道東道の清水IC~トマムICが開通するそうですので、期待してます。こちらは、日勝峠と比べると標高差で400Mくらい低く、距離も3分の1くらいになりますね。

投稿: サダ吉 | 2005年11月29日 (火) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148536/7356430

この記事へのトラックバック一覧です: 日勝峠:

« 手作りケーキ工房Asahiya | トップページ | 体脂肪日記 »