« そば蔵 大正(笑)庵 | トップページ | 手打ちそば「いずみ食堂」 »

2006年3月22日 (水)

鹿の子温泉「鹿の子荘」

P32100072

昨日は野中温泉へ行く予定でしたが、雌阿寒岳の噴火で急遽変更し、置戸町の鹿の子ダム近くにある鹿の子温泉へ行ってきました。帯広からは距離で約100KM、時間で1時間30分で行けてしまいます。昨年、ここを訪れて泉質の良さに惹かれての再訪です。露天風呂はありませんが、浴場はわりと広く、大岩と板で男女に分け、10人ほど入れる浴槽と、若干温かめの一人用の浴槽が一段高くなった岩の上にあります。源泉100%のお湯は掛け流しで、特に一人用の浴槽に入ると大量のお湯があふれ出し、岩の間を駆け下りて行く様は、とても気持ちが良いものです。カラン&シャワーは水圧が低いですが、これも源泉です。お湯はアルカリ性単純温泉とありますが、かなりツルツルで気泡が体にまとわりつき僅かに硫黄臭がします。ぬるめの湯温ですが、体の芯から良く温まり、すぐに汗が噴出してきますので、長湯はせずにのんびり浸かることをお勧めします。建物の外観は古びれていますが、掃除が行き届き清潔で好感がもてます。男女別の浴場は日替わりで、前回と違う浴場へ入ることが出来ました。

「泉質」 アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)
「温度」 43.4℃
「PH」  9.7
「湯量」 375ℓ/分
「料金」 大人400円

|

« そば蔵 大正(笑)庵 | トップページ | 手打ちそば「いずみ食堂」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148536/9200901

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿の子温泉「鹿の子荘」:

« そば蔵 大正(笑)庵 | トップページ | 手打ちそば「いずみ食堂」 »