« オンネトーへ行ってきました | トップページ | お漬物食堂「勘吉匠」 »

2007年11月 4日 (日)

温泉三昧Ⅱ

この時期の我が家の定番!野中温泉(雌阿寒温泉卿)へ行ってきました。
もちろん温泉ハシゴしちゃてます。(^^ゞ
先ずは土曜の午後、一湯目の野中温泉別館へ・・・
Imgp5789
(画像は翌日撮ったものです)
この日は快晴の下、雌阿寒岳の山肌もクックリ見えています。
Imgp5700
野中温泉別館に入り(350円)、長い渡り廊下を歩いて行くと、隣のユースの湯屋が見えます。(ガラス越しの撮影)
Imgp5702
内湯はユースとほぼ同じつくりですが、2年前に立て直したばかりなので、未だ新しさを感じます。
Imgp5705
ユースと違って、洗い湯を貯めています。
Imgp5704
女性客に評判の悪い?露天風呂です。奥が女性用の湯船ですが、女湯からそこまで行くのに男湯から丸見えです。正直、中途半端で男としても落ち着かないので、なんとかしてもらいたいものです。
Imgp5712
Imgp5716
露天風呂から湯屋の窓を見ると、左ふたつが男湯なので、女湯は狭いようですね。
日が暮れる前に上がり、駐車場のトレーラーまで戻り夕食をとりました。
風呂上りのビールは美味い!ナベはカレー風味のキムチ鍋でした。まんぷく!!

夕食をとったあと少し休み、二湯目に夜の景福(300円)へ行きました(写真は翌朝撮ったもの)。
Imgp5790
内湯は暗くて上手く写真が撮れませんでしたが、お湯が湯船の底の砂利から湧出ております。幸せな感覚ですよ。
Imgp5734
露天風呂は半混浴になっていまして、写真をきらerさんに撮ってもらいました。
真っ暗な露天風呂から、満点の星空を約1時間楽しみました。3等星くらいは余裕で見えました。もちろん天の川も見えましたよ。
お湯は白濁しているので、他の客が入ってきても安心です。(この晩は貸切状態でしたが・・)湯加減もぬるめで、1時間くらいなら、のぼせることはありません。
Imgp5727
体が暖まったところで、トレーラーに戻り、その夜は就寝。

翌朝8時に、三湯目の野中温泉ユースホステル(200円)へ朝湯に入りに行きました。
Imgp5788_2
毎朝7時頃に湯抜きをしていますので、湯船にお湯が溜まる8時には新鮮なお湯に浸かることが出来ます。もちろん3湯とも源泉掛け流しですが、ココが一番新鮮なお湯を感じます。
Imgp5753
ずっしりと大量のお湯が注ぎ込まれ、気泡が飛び散っております。
Imgp5760
ここも貸切状態で、ゆっくり朝湯を頂きました。ごちそう様でした。

ここで皆さんへの問題!
野中温泉ユースで見つけた、古ーい機械。
さて、これは何でしょうか?
Imgp5786
ヒントは、下の写真です。
Imgp5782
貴方は、解ったかな?

ってことで、今年の11月も野中温泉温泉ハシゴ三昧を楽しんで来ました。
ほんとに幸せな気分に浸かれます。皆さんも、どうですか?

|

« オンネトーへ行ってきました | トップページ | お漬物食堂「勘吉匠」 »

コメント

野中別館も景福も泊まったことがあります。
食事を含めた総合評価は景福の方が上かな。
北海道でも屈指の旅館です。

なのにユースだけ入ったことがないんですよ。
人に聞くとみなさん、口を揃えて「いちばん湯がいい」と言いますね。
次回への課題です。

機械はわかんないなぁ。

投稿: くまみちゃん | 2007年11月 5日 (月) 20時02分

くまみちゃん、こんにちは!
来春は景福に泊ってみようと思ってます。
ユースの湯は、確かに一番!と思いますよ。
たぶん浸かる前に分かります。(^^ゞ

機械・・そんなに難しくないのになぁ。

投稿: サダ吉 | 2007年11月 6日 (火) 07時30分

洗濯機でしょ、
したのは、脱水機^^;

景福いいよね〜

投稿: 呂比須 | 2007年11月 6日 (火) 11時32分

ロペちゃん!
ダブルピンポーン!
すぐ分かりますよね。(^^ゞ
現在は使って居ないようでしたが、年代物の洗濯機と脱水機です。
今は近くに阿寒温泉郷があるので、クリーニング業者も来てくれるでしょうが、昔は砂利道の秘境の地でしたから殆どが自前でやっていたのでしょうね。

投稿: サダ吉 | 2007年11月 7日 (水) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148536/16978328

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉三昧Ⅱ:

« オンネトーへ行ってきました | トップページ | お漬物食堂「勘吉匠」 »