« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月29日 (土)

カナディアンカヌーと沈

今年はシーズンインから水が多く、カナディアンカヌー(フネ)の操作を
改めて考える事が多くなりました。

私のフネは、いわゆるモダンな形で、軽量ではありませんが、流れの中での回転性
を重視したタイプのようです。

回転性重視のフネは、ロッカーが反り返り、フネの幅が狭まり、乗りこなせないと
沈することが多くなります。

なぜ沈してしまうかと云うと、フネが急速に傾くことでバランスが取れなくなる事が原因で、
重心が高いと沈する限界が早く到達します。

さて、ここで沈のキーワードですが、「バランス」と「重心」の2つがあげられます。

まず簡単なところから「重心」を考察してみましょう。

フネの形状や材質によって、重心の位置が異なってきます。
モダンなフネと、トラディショナルなフネの最大の違いは幅と材質です。
モダンなフネは水の抵抗を少なくすることと、素早いパドリングを可能にするため、幅を狭め、またフネの材質を軽量にしています。
一方、トラディショナルなフネは、猟などで得た荷物を運搬するため、丈夫な材質で幅を広げて積載能力を高めています。
ここでそれぞれのフネで、左右の「最大幅の位置」と、漕ぎ手の「へその位置」を結ぶ三角形を頭の中で描き結んでみると、三角形の頂点が低いか高いかで、フネの特性がわかります。
またフネの材質によるの重さや、漕ぎ手の高さ重さと荷物の高さ重さでも、重心の位置が変わってきます。
沈を防ぐには、これらを理解して重心を低くすることが大切になります。
(自分の沈対策は体重を減らすことと、シートの高さを低くすることでしょうか。)

次に「バランス」を考察してみます。

バランスを考えるにあたっての大きな要素は、「水面とフネの形状」と「水面とパドリング」の2つです。

フネの形状からみてみますと、1次安定性を重視し積載能力を高めたトラディショナルなフネは一般的にフラットボトムが多く、流れの中で2次安定性を高めたモダンなフネはラウンドボトムが多いようです。
しかし最近では、モダンなフネもフラットボトム形状が増えており、エッジポイントにアイデアを取り入れているようです。
ボトムの形状は、水面と船底の大事な接点であり、反発もあれば密着もあります。
フラットボトムのフネを仮に左に傾けてみますと、左の船底では水面が反発によりフネを持ち上げようとする浮力が生じ、右の船底では、水面との密着により張力が働き、フネを引き下げようとします。
湖などのフラットウォーターでは、とても安定しますが、波の中では挙動が激しくなる傾向があり、バランスが取り難くくなります。
一方、ラウンドボトムのフネは、仮に左に傾けても左右の反発や密着が少ないため、フラットウォーターでは安定性に欠け、波の中では挙動が少ないことから、バランスが取り易くなります。
ボトム形状は、どちらが優れているとは云えませんが、それぞれの特性を知ることで、バランスの対応を考えることが大事になります。

次にパドリングですが要素はさらに、「スピードと浮力の関係」と「水の受ける」の2つから説明します。

パドリングは、フネの進む方向を変えるだけでなく、フネに浮力を与え安定させる目的もあります。
浮力が無くなると沈をすることは理解できると思いますが、ほとんどの沈はこの浮力を失ってバランスを崩すことが多いのです。
流れの中でホワイトウォーターと呼ばれる瀬では、その浮力が少ないことで良く沈をします。
そんな時は仲間から「漕いで!漕いで!」と推進力をつけるようアドバイスを受けます。
自転車は止まっていると倒れてしまいますが、走らせると推進力による慣性モーメントが生じ、バランスが取り易くなります。
カヌーも同じですが、更にしっかり漕ぐことで、飛行機の翼のようにフネに浮力が生じ、安定度が増すのです。
それならば、スピードを上げて全速力で漕ぐと良いように思われますが、瀬の中では、スピードを上げるとバウが波に刺さり、波に同調することが出来ないフネは水が入り込み、重量が増して浮力を失います。
カヤックのように水が入り込まない構造であれば、それでも良いと思いますが、オープンデッキのカヌーの場合はもう少し工夫が必要です。

先ほどスピードと申しましたが、スピードとはフネと川の流れの相対です。
フネが進んでいるように見えて、川の流れがフネと同じ速さであれば、スピードは無いものとされ、浮力は生じません。
”しっかり”漕ぐことにより川の流れよりフネが速くなると浮力が生じることは先ほど述べましたが、相対からすると、フネが川の流れより遅くなっても浮力が生じることが分かると思います。
川の落ち込み等のフィールドでは、フネを操作できずに、後ろ向きに落ちて行くフネを良く見かけますが、意外なほど安定して沈しない場合が多いのです。
これは、後ろ向きで無意識に漕いでいる為、川の流れよりフネが遅くなって浮力が増し、併せて後ろ側に重心を持って行く事により波に同調して水を汲むことが少ないからです。

しかしながら前方に障害物がある場合はフネの向きを変える事が難しくなる為、前を向いて漕ぐことが大切です。
そんな時は、リバースストロークが有効です。リバースストロークは、フネのスピードを遅くして浮力を増すだけでなく、重心を後方に移動させることで波に同調させる目的のほか、障害物をゆっくり避けられ、フネを横にスライドさせることも容易です。
岩を避けながらの長い荒瀬では、知らず知らずに使っている場合が多いですね。釧路川などの倒木を避ける場合も有効なので積極的に使ってみましょう。

良いことずくめのようなリバースストロークですが、弱点もあります。
滝のような落ち込みでは、強烈なバックウォシュを伴ったホールが存在します。もしフネがそのホールより大きければ抜け出すことも可能ですが、もし小さければ抜け出すことが出来ず、スピードを失って浮力を無くし沈してしまいます。
そんな落ち込みでは、水を汲むことは諦めて「漕いで漕いで!」と、落ち込み手前から全速力でスピードを上げ、通過するしかありません。恐れずにがんばりましょう!

パドリングでは、パドルは水をキャッチする(受ける)道具ですが、フネも水をキャッチする道具であることは、ご存知かと思います。
水とキャッチの関係は、エキスパートでも難しいテーマですが、フネを動かす上で是非とも研究してみたい事です。
しかしここでは、沈とキャッチだけにスポットを当ててみることにします。
自分もそうでしたが、初心者の頃は良くエディーラインで沈をします。
エディーラインでは、川の流れと逆方向に流れが生じ、複雑なボイル(渦)や反し波があったりします。
フネは、そんなラインに平行して乗ってしまうと、とたんにバランスを崩します。エディーに入るにはスピードと角度をつけてというのは、そんな理由にあります。
仮にフネが平行にラインに乗ってたとしても焦らなければバランスをとることは可能ですが、よくやってしまう過ちで、パドルでブレイスしてフネを支えてしまうのです。そんなことをしたら途端にひっくり返されてしまいますね。
ボイル(渦)や反し波がパドルを引き込んだり、支えを効かなくしてしまうのです。

私が良く行くフィールドでシーソラプチ川のトラウマの瀬があります。
そこは、落ち込みにエディーラインが潜んでいる怖いホワイトウォーターです。
ここで沈するパターンを研究していますが、ほとんどの沈はエディーラインにパドルを入れて、前述のような沈の原因であることが分かります。
また、推進力と浮力を失ったフネのバウに反し波が当たりひっくり反されてているパターンも見うけられます。
難しい技術ですが、バウに反し波が当たってもバランスを崩さないようリーンして船底に波をあててあげれば沈を回避できることも判ってきました。

しかし、まだまだ判らない沈のパターンもあり、私の説が必ずしも正しくないこともありますので、
参考程度に読んでいただけたら嬉しいです。(^^ゞ

まだまだ研究して行きます!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

歴舟川カヌーキャンプツーリング例会

8月22、23日は、カヌークラブの例会で、歴舟川カヌーキャンプツーリングでした。
Imgp1426
Kenjiシェフが操る、オールドタウンチャールズリバー。

土壁の歴舟川は、前日までの雨で大増水後、水位が下がったものの流れが速く、ライニングダウンも無く快適に漕げました。

Imgp1356
ピンボケごめん!キャンプ道具をカナディアンカヌーに満載!とくにダッチオーブンが重くて沈むんじゃないかと、ドキドキハラハラ(^^ゞ

Imgp1444
適当な川原に上陸してキャンプです。さっそく流木を集めて焚き火で夕飯準備。

風が強いおかげで、雨で湿った流木も良く燃えました。
Imgp1449
お米2kgを30cmダッチオーブンで作ったダッチビビンバ!これ、予想外にウマくできました!ビビンバの素とパックの味付けカルビ、生卵と、お手軽レシピ!

Imgp1443
牛肉の赤ワイン煮もおいしかった!決め手は赤ワインとトマトピューレ!そして火加減かな?(^^ゞ

Imgp1450
石狩鍋も、2種類!たっぷりのバターが味にコクを出します!鮭はもちろん大樹産!

Imgp1456
川原の流木を拾い、豪勢に焚き火。暖かくて気持ちよかった!

焚き火だけの灯かりで寝転がって夜空を見上げると、満点の星空!天の川もくっきり見えて感動ものでした!

Imgp1474
キャンプの朝は、5時半から行動開始。さっそく火を起こして鍋を温めます。

Imgp1488
朝食は、石狩鍋ベースの、みそ煮込みうどん。Kenjiシェフが腕を見せます!めちゃうまでした!

Imgp1476
まだ寝ている人は誰かな?テントサイトの後ろは、クマが出るかも?早く起きて!

Imgp1568
7時半にキャンプ地を出発。今日も良い天気!少し水位が下がりましたが、快適ツーリングです。

Imgp1580
大樹橋に無事到着!ここでキャンプ道具を下ろして、河口へ行く準備をしました。

Imgp1583
ここから、まるちゃんさんが合流です。はじめまして(^_^)v

カヌーが、誰かさんと同じです(笑)

Imgp1600
いきなり長い瀬が始まります。川底は岩盤で、いつもは擦って大変ですが、今日は楽しい波が立ち、皆さん楽しそう!

Imgp1649
広い川原を見つけて上陸です。長い流木を見つけて休憩。ここでキャンプしたいけど、夜中に増水すると危険なので、歴舟川では水面より2mくらい高い川原を、キャンプ地としましょう。もちろんカーブの内側であることも重要です。

Imgp1656
空が広い!天気も最高!お水もたっぷり!風も追い風(^^ゞ

Imgp1707
河口に到着!いつ来ても感動ものです!みんなで記念撮影!(笑)
お疲れさまでした。

今回は、ほんとうに恵まれた例会となりました。皆さんのご協力に感謝!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

歴舟川原の朝

歴舟川原の朝
歴舟カヌーキャンプツーリングに来ています。
焚き火が心地良いです!(b^ー°)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

夏休み終了!8月16日

Kevi家を、沙流川で見送りです。
Imgp1139

Imgp1188

我が家の2009年、夏休みが終わりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月15日おまけ国体コース

きらerさん撮影、国体コースです!

クミちゃん、合流です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月15日シーソラプチ川ツアー

Imgp1244
15日は、Kevi家、Kenjiさん姫さん、シゲさん、Leoくん、モナさん、トシくん、そしてサダ吉家の8艇10名でシーソラプチ川を下りました。
エディーを探しながら、ゆっくりしっかり漕ぎました。そして思いっきり攻めの漕ぎも出来て皆さん大満足!
楽しいツアーでした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月14日シーソラ&空知川ツアー

Imgp0156
8月14日は、S藤家、Kevi家、Y田先生、サダ吉家の6艇7名で、シーソラプチ川&空知川のツアーでした。
いつもより多い水で楽しかったです!
S藤家は、初めての噴水体験!また遊びましょう!


夕食後、S藤家とはお別れ。今年も楽しい思い出、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月11日オヤコツ地獄ツアー&釧路川源流部ツアー

Imgp1896
夏休み後半です。
出勤だった10日の夜、帯広から屈斜路湖コタンへ向け走りました。
夜中到着後、クルーガーで初めての車中泊をしました。荷物が邪魔でかなり辛かったので、もう少し工夫が必要かな(^^ゞ
早朝は目的の一番風呂をもらうためコタン露天風呂へ!
しかし、先客が居て2番風呂でした(^^ゞ

風呂から上がり、東京から旅行中のS藤さんご夫妻と、先日富良野でお会いしたペロ家と合流。
和琴キャンプ場から、オヤコツ地獄ツアースタートです!
食事の写真はありませんが、アルバムを見てください。(^^ゞ

そして朝食後は釧路川源流部ツアーでした。
Imgp2000
水が綺麗で、とっても楽しかったです!

ツアー終了後は、コタンの「ぢぢカヌー」でカフェタイム。おいしいピザをいただきました。

ペロ家とは、ここでお別れ。また遊んでくださいね。

ペロ家と別れた後、野中温泉景福の露天風呂に浸かり、ちょうど良い湯加減だったので1時間半の長湯。少しのぼせてしまいました。(^^ゞ

夕食は帯広の居酒屋「波乱万丈」少し食べすぎたかな(^^ゞ。

泊まりは帯広でした。長くて楽しい一日でした(^。^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

今朝はオヤコツ地獄

今朝はオヤコツ地獄
ここで朝食です(^_^)v

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

河原で読書

河原で読書
シーソラ河原で読書中。マンガですが(^_^;)

体感気温、5度は涼しいです(^_^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休みは五右衛門風呂

夏休みは五右衛門風呂
夏休み前半は、落庵でキャンプ。天気も良くて暖かくて気持ち良いです!
五右衛門風呂を沸かしてビール飲んで最高な気分です!(b^ー°)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

Fortun Bagels フォーチュン ベーグルズ

Fortun Bagels フォーチュン ベーグルズ は 南富良野町落合にあるパン屋さん。
Imgp4584
場所はカヌー国体コース 渡月橋のほとりにあります。
Imgp4575
営業時間は、焼き上がりの朝7時から 売切れまで。定休日は火曜、水曜日です。
Imgp4576
メニューは、こちら(^^ゞ
http://www8.ocn.ne.jp/~fortune/menu.html
Imgp4580
店内は、なかなか良い雰囲気。
Imgp4579
ベーグルパンは、もちもちして美味しいです。
Imgp4581
店内には、カフェがあり、アフターカヌーにも、よいかもです(^_^)v
Imgp4583

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

美術館「美瑛印象派 油彩の庭」(7月10日)

この秋、美瑛にオープン予定の美術館に、友人のまこにゃんが館長を務め、準備を進めていると聞いて、お邪魔してきました。
Imgp0206

場所は、美瑛町美馬牛、拓真館近く 押し花学園向かいにあります。
写真右奥が、押し花学園の建物。
Imgp0213

場内には、ガーデンがあり、やさしく迎えてくれました。
Imgp0227

ラベンダーも咲いていました。
Imgp0220

かわいい花ですね。
Imgp0230

まこにゃんが、オープン前で準備中の美術館を案内してくれました。
Imgp0209

館内をちょっとだけ、撮影させてもらいました。
Imgp0196

また、お邪魔します!
Imgp0201

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風のガーデン(6月12日)

6月、富良野ドラマファンの私たちは、新富良野プリンスホテル内にある風のガーデンへ行ってきました。
Imgp4591
受付で、年間パスポート1000円を払い、ジャンボタクシー乗り場へ向かいます。
Imgp4592
歩いても行けますが、片道30分以上かかり、料金も同じなので、やはり楽なタクシーに乗り込みます。
Imgp4595
左後方が、新富良野プリンスホテルです。遠い!
Imgp4596
着いてすぐに、売店があります。
Imgp4597
場内は、ウッドチップが敷かれ、なんだかドラマのロケ現場(もちろんそうだったが)みたいです。
Imgp4601
天気も良く、新緑も美しい。
Imgp4605
場内は、青い花が目立ちますが、まだまだ咲いてる花の種類は少なめ。
Imgp4612
ドラマセットですね。
Imgp4630
ガーデナーにとっては、物足りなく感じるかも?
Imgp4663
6月は観光客もまばらで草花の背丈も低く、写真撮影もしやすかったですが、7月に再訪してみると、観光客の大混雑で、草花も伸び放題!撮影には、ちょっと引いてしまいました!(^^ゞ
Imgp4650
青が綺麗です。
Imgp4726
6月は、まだまだ青空が見えてたよなぁ・・・
Imgp4660
グリーンハウスの周りは、観光客でにぎわいます。
Imgp4737
薪ストーブを見ると、ドラマのシーンが蘇ります。
Imgp4670
思っていたより広いという、印象です。
Imgp4674
カフェもあります。グリーンハウスの裏手には、ほたるの墓がありますよ。
Imgp4742
年間パスポートがありますので、また行こうと思いますが、お勧めの季節は6月かもしれません。
Imgp8984

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

夏がやってきた!

ご無沙汰しております!
すっかりさぼって、すみません<(_ _)>(^^ゞ
7月の記事は、せっせと溜め込んだので、順次書き足します(^^ゞ

8月は夏本番です!
我が家の夏の楽しみは、関東のカヌーイスト達との再会です。
そしてやってきました!夏を連れて!
今朝の苫小牧は雨で気温17度。でも関係ありません!
Imgp1805
雨で少し寝坊しましたが、苫小牧沖のフェリーはちのへをキャッチ!
Imgp1803
夏を連れてやってきます!
Imgp1807
苫小牧フェリーターミナル
Imgp1812
ゆっくりリバースです
Imgp1815
もうすぐam7:00 正確ですね!
Imgp1818
乗船客が見えますね!あの中にいるのかな?
Imgp1821
着岸です!
Imgp1822
乗船口から降りてくる・・・はず?の、ミエさんが降りてきません!
やば!すぐに降りてくる車をチェック!
なんと、最近は同乗者も一緒に車に乗って降りられたのですね!
以前は、別々だったのに・・

そして、ファリーから降りてきた車の中にはKevi号が見当たりません!
しまった!サプライズのはずが、ミスったか!(>_<)
実は、苫小牧に2日としか聞いてなかく、この便に乗っているかは、確認してませんでした(^^ゞ

苫小牧港での再開を諦めかけたころ、第2陣の車が下りてきました。ホッ・・(^^ゞ
きっと、この中に・・・
でも、やっぱり降りてきません!
と、ほんとに諦めかけたころ、ルーフに赤いカヌーを2艇乗せたKevi号がやってきました!

Imgp1823
雨の中、サプライズ成功!

Imgp1826
(後ろ向きですが(^^ゞ)
ケビンも元気です!
Imgp1824
サプライズ後、苫小牧の海の駅ぷらっとみなと市場に移動
Imgp1829
市場の中の、港鮮 みなと寿しで朝食です!
Imgp1830
しあわせ丼は、ほんと幸せな気分になれました!

このあと、ホッキカレーと、ホッキバター焼きを食べたことは、内緒にしておきます!
(^^ゞ

これから、我が家の夏が始まります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »