« OPEN !!美瑛印象派油彩の庭 | トップページ | ドライスーツとヘルメットとクラブツアー参加の勧め »

2009年10月15日 (木)

カナディアンの装備

久々?に動画紹介です(^^ゞ
女性もがんばっていますね!

先日のカナディアンレースで実感しましたが、やはりカナディアンカヌーは、しっかりと浮力体とペインターロープを装備することが大切です。

知っての通りカナディアンカヌーは、荷物を積んで運ぶ事が目的の乗り物であり、積載能力や積み下ろしを重視して、オープンデッキとなっています。
荷物は防水能力のある袋に詰めて乗せますが、これは浮力体と同じ効果をもたらします。
カナディアンカヌーは流水で沈すると、浮力体が無い場合は艇の3分の2以上が沈みこみ、フネを起こすのに苦労します。そして、そのまま流され続けると最悪の場合は岩に張り付きフネが壊れます。
その反面、荷物や浮力体をカナディアンの開放部にびっしり埋め込んで固定されていると、沈したときは、艇のほとんどが浮かび、フネを起こすのも容易になります。
結果、フネが助かる可能性が大きくなりますね。
またペインターロープは、人が流された場合は捕かまったり、レスキューの際、フネを確保するのを容易にします。必ず装備しましょうね。
(この二つの装備は、レスキューする側の安全確保にもつながりますので、しっかりと!)

いまだに川底に沈んでいるカヌー事故が、無くなることはありません。
その殆どが、浮力体もペインターロープも装備していない、初心者と見受けられます。

そんな事故を無くすために、私たちが出来ることは、初心者の見本となる装備を、しっかり備えることではないかと思います。
みなさんも、しっかり装備しましょうね。

|

« OPEN !!美瑛印象派油彩の庭 | トップページ | ドライスーツとヘルメットとクラブツアー参加の勧め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148536/46489113

この記事へのトラックバック一覧です: カナディアンの装備:

« OPEN !!美瑛印象派油彩の庭 | トップページ | ドライスーツとヘルメットとクラブツアー参加の勧め »