2009年10月14日 (水)

OPEN !!美瑛印象派油彩の庭

 連休は、この秋OPENした   美瑛印象派油彩の庭 に行ってきました。
ここは、友人のまこにゃんが館長をしております。
Imgp1450
駐車場からのアプローチ。

開園期間 4月28日~11月3日
定 休 日 木曜日
開園時間 朝10時~夕方4時まで
料  金 300円

Imgp1455
ガーデンは、落ち着いた雰囲気です。

Imgp1453
館内は、明るく開放的です。

Imgp1459
音楽と絵画の調和。ここはベンチに腰掛けてみましょう。

Imgp1460
ガーデンとの流れを感じます。

Imgp1452
ガーデンハウスもオープンです。

Imgp1498
ハウスから見た絵画館。丘の風景に溶け込んでいます。

Imgp1495
ハウスの中から。

Imgp1481
ドライフラワーが綺麗ですね。

Imgp1484
のんびりした時間を楽しみましょう。

Imgp1494
手づくりリースが、素敵です。

Imgp1461
わたしが気に入った作品です。
ちなみに非買品です。(^^ゞ

Imgp1469
おまけ・・・
ここは、環境に配慮したバイオトイレを設置しています。

Imgp1451

皆さんも、美瑛に行って立ち寄ってくださいね。
(地図は、まこにゃんの作品です。)
Bieimap22

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

美術館「美瑛印象派 油彩の庭」(7月10日)

この秋、美瑛にオープン予定の美術館に、友人のまこにゃんが館長を務め、準備を進めていると聞いて、お邪魔してきました。
Imgp0206

場所は、美瑛町美馬牛、拓真館近く 押し花学園向かいにあります。
写真右奥が、押し花学園の建物。
Imgp0213

場内には、ガーデンがあり、やさしく迎えてくれました。
Imgp0227

ラベンダーも咲いていました。
Imgp0220

かわいい花ですね。
Imgp0230

まこにゃんが、オープン前で準備中の美術館を案内してくれました。
Imgp0209

館内をちょっとだけ、撮影させてもらいました。
Imgp0196

また、お邪魔します!
Imgp0201

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

六花の森

中札内村へ行ってきました。
ご存知、中札内村は、畑や花、山と水、そして農産物に恵まれた、十勝の中でもっとも豊かな所で、私は鹿追に次いで好きな町です。
そしてここは中札内美術村があり、北の大地ビエンナーレ展も開かれる芸術の村でもあります。
今回のお目当ては、昨年秋に六花亭が二つ目の芸術の村として作った「六花の森」です。
そこは中札内にある六花亭工場の横に、ひっそりとありました。Imgp2173

Imgp2099

ここには十勝六花と呼ばれる植物が植えられております。まだ植えたてで、成長途中ですが、今回はハマナシ(ハマナス)の花が綺麗に咲いていました。ちなみに十勝六花とは、はまなし、えぞりんどう、えぞりゅうきんか、かたくり、しらねあおい、おおばなのえんれいそう。だそうです。(写真の植物が何であるか、分かりませんでしたが・・(^^ゞ)

そして、六花亭包装紙の挿絵で一度は目にした事があると思いますが、十勝の花や風景を描いた坂本直行の記念館があります。館内は撮影禁止で写せませんでしたが、作品が多数展示されております。また建物は古材を使った重厚な建築で、風景に溶け込んで落ち着きます。(逆光でゴーストが出てしまった(^^ゞ)

Imgp2103

坂本直行記念館の他、今年から植物画家の「はらたかよし作品館」も出来ております。

Imgp2104

そして一番奥に、撮影が出来た(^^ゞ「サイロ50周年記念館」があります。

Imgp2107

Imgp2110

「サイロ」とは、六花亭創業者小田豊四郎が手がけた児童詩誌で、創刊当時の表紙の絵は、やはり坂本直行氏でした。

Imgp2113

建物の中は、「サイロ」の表紙が壁や天井一面に埋め尽くされております。

Imgp2116

そして、児童の詩も展示されており、けっこう楽しめました。

Imgp2118

Imgp2139

年代によって、表紙絵も歴史を感じます。

Imgp2140

とにかく、ここには植物があります。

Imgp2143

そして十勝の景色もあります。

Imgp2145

ここでちょっと休憩。

Imgp2147

この建物では、入場料に含まれる?茶菓子が頂けます。

Imgp2148

Imgp2151

休憩の後は、広場の丘の上にある彫刻から、広い十勝の風景を眺めました。

Imgp2160

入場料金500円は、ちょっとお茶のつもりで、お安い設定です。

また、中札内美術村との全館共通権1500円もあるので、これもお勧めです。

芸術の秋は、中札内に行ってみませんか?お勧めします!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

北の大地ビエンナーレ

22日は、第6回を迎えた中札内村の全国絵画公募作品展を見てきました!
Imgp3169
場所は、中札内文化創造センター。道の駅なかさつないから東へ500mほどのところにあります。
Imgp3180
中札内村は小さな村ですが、帯広市との合併話を断ったほど経済力があるようで、この建物も立派!です。
Imgp3182
玄関をくぐると、写真展もやってました。
Imgp3183
写真作品も立派なものばかりですが、展示が寂しい?

いよいよ会場ですが、ここから先は写真お断り。
入場料300円。内容からすると絶対安い!ですよ。
見ごたえあります!
多目的ホールは、バスケコートくらいの広さ。
ズラリ!と展示された作品は160点。どれも個性的で、見入ってしまいます。
もちろん、北の大地がテーマで、おおーっこれは!と、きっと共感することでしょう。
ピアノが真ん中に置かれていて、ちょうど子供の展覧会コンサートが開かれました。
素朴な音色ですが、粋な演出です。

ぐるーっと見終えて「あなたが選ぶ北の大地賞」に投票し、会場からホールに出ました。
Imgp3184
よく見ると、第1回からの上位入賞作品が展示されておりました。
Imgp3189
作品は30号と、大きめです。
Imgp3190
絵画には疎い私たちですが、どれも作者の個性が伝わってくる作品ばかりです。
Imgp3193
ロビーでは、中札内 特産品の試食会(コーヒーは100円)が行われていました。
Imgp3195_1
珍しい、えだまめ羊羹は、絶品!でしたよ。
Imgp3197_1

素敵な、芸術の村。また行きます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)