2010年2月 9日 (火)

氷上露天風呂2010

Imgp0704p
今年も行ってきました!然別湖コタン!!
Imgp0707p
朝焼けの露天風呂は気持ち良い!(^o^)
Imgp0720p

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

温泉三昧2009年11月

今年も野中温泉別館、オンネトー温泉景福、野中温泉YHの温泉ハシゴをしてきました。
二人で3湯1700円は、安いですね!
11月は、やっぱり野中温泉YHがお勧めです。
Imgp0542

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

【温泉】OBIHIROリゾートホテル

Ca3b0026
なんだかモーテル?のような名前ですが、最近リニューアルされたので行ってきました。
場所は国道を音更から中士幌へ向かう途中にあります。
Ca3b0008
温泉分析表を見ると、贅沢な温泉であることが分かります。
館内は温泉を利用した床暖房で暖かです。
掃除も行き届いて、好感度も上がりました。
Ca3b0009
お湯は十勝特有のモール泉。ツルツル感もあり、たっぷりの掛け流しで気持良いです。
Ca3b0011
午前中だったせいか、客は誰も居なく贅沢な時間を過しました。
Ca3b0013
新しく出来た露天風呂は、湯温が高いですが、マイナス10度の気温の中では丁度良かったです。(^^ゞ
入浴料は大人400円。シャンプー、リンスも備わっております。
(岩盤浴は別料金で800円)
泉質も良く穴場の温泉ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

温泉三昧2008晩秋

寒くなると必ず行きたくなる野中温泉。
休み無しで働いた2週間の疲れを癒すため、出かけて来ました。
Imgp3859
帯広から約2時間でオンネトーへ。
今朝方、初冠雪が見られたと言う雌阿寒岳でしたが、夕方訪れた時には阿寒富士の北斜面に白いものがうっすらと残っているだけでした。(^^ゞ
しかし、いつ見ても美しいですね。
Imgp7076
今回はトレーラーの水抜きメンテナンスも兼ねてのP泊です。
Imgp7080
夕刻、トレーラーを駐車場へ泊め、まずは野中温泉別館へ。(写真は翌朝撮影)
山のシーズンも終了したのか、男湯は私を含め客は2名と、露天風呂では夕景を独り占めさせて頂きました。(^^)v
ゆっくり垢すりをしてから、トレーラーへ戻り夕食。
今夜はキムチ鍋。お腹の中も温まります。
お酒も入って、気持ちよくなったところで、外へ出てみると満点の星空!
星が近い!
Imgp7077
そこで景福の露天風呂で星見をすることにしました。(写真は翌朝撮影)
温めの白濁した湯でノンビリ1時間。
他に入浴客は無く、こちらも貸切状態でした。
トレーラーへ戻る頃には急激に冷え込み、霜が下りてました。
携帯メールもTVも見れない山の中。久々に早めの就寝。
よく寝ましたぁ!(^^ゞ

翌朝は曇りで風が強し。
写真撮影は諦め、野中温泉(ユースホステル)へ。
今回も温泉三昧です!(^^)v
Imgp7081
早朝なので、もちろん他に客も無く、カメラを持ち込み撮影会。(^^ゞ
Imgp7085
贅沢な湯量と、温泉の臭い、すっぱい味がここの魅力です。
Imgp7092
少しだけですが、そんな野中温泉をどうぞ!(^^ゞ

おまけ!

野中温泉3湯ハシゴは、心も体も癒してくれました。 帯広へ戻る途中、トレーラーの水抜きを済ませ、これで今シーズンのトレーラー出動はおしまいです。 来年もここから始まる予定?です。転勤が無ければね。(^^ゞ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

氷上露天風呂(然別湖コタン)

然別湖コタンと言えば、氷上露天風呂ですね。
早朝6時半より入浴可能なので、1番風呂に入ってきました。
気温はマイナス12度と、この時期にしては暖かいほうでしたが、風呂上りはヤッパリ寒かったです。
Imgp6306
日の出前なので、画像が青いですね。更衣室はイグルーで造られています。
足元には発砲スチロールが敷かれているので、さほど冷たさを感じませんが、服を脱ぐのは覚悟が必要です。
浴槽は2つあり仕切られておりますが、男性用、女性用とは決まっていないので、空いているほうに入る事が出来ます。自分は他に客がおらず貸切状態だったので、運良く2つ入り比べる事が出来ました。源泉は約100m離れたホテル風水から引かれ、浴槽に注ぎ込まれます。ふたつの湯船は微妙に温度が違いました。もちろん源泉掛け流しで、溢れた湯は配管を使い露天風呂から遠く離れた所で排水しております。もし、その場で排水していたなら、浴槽ごと湖に沈んでしまうことでしょう。
Imgp6312
湯船に浸かると、コタンが目前にあります。日中はカメラを持った観光客が覗き込むのでゆっくり入っていられません。混浴ですが水着着用が認められているので、着けたほうが安心です。また夜の6時から8時までは男性専用。8時から10時までは女性専用となっているので、真っ暗な露天風呂でゆっくり星空を見るのもお勧めです。
Imgp6318
目の前の「くちびる山」が高く、なかなか朝日が昇りません。
Imgp6348
コタンから見た、氷上露天風呂全景です。右奥のホテルが風水で、ここの最上階に宿泊しました。陽は昇ったようですが、まだまだ湖畔には光が届きません。
ここからホテルへ戻る道のりが、ものすごく寒かったこと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

温泉三昧Ⅱ

この時期の我が家の定番!野中温泉(雌阿寒温泉卿)へ行ってきました。
もちろん温泉ハシゴしちゃてます。(^^ゞ
先ずは土曜の午後、一湯目の野中温泉別館へ・・・
Imgp5789
(画像は翌日撮ったものです)
この日は快晴の下、雌阿寒岳の山肌もクックリ見えています。
Imgp5700
野中温泉別館に入り(350円)、長い渡り廊下を歩いて行くと、隣のユースの湯屋が見えます。(ガラス越しの撮影)
Imgp5702
内湯はユースとほぼ同じつくりですが、2年前に立て直したばかりなので、未だ新しさを感じます。
Imgp5705
ユースと違って、洗い湯を貯めています。
Imgp5704
女性客に評判の悪い?露天風呂です。奥が女性用の湯船ですが、女湯からそこまで行くのに男湯から丸見えです。正直、中途半端で男としても落ち着かないので、なんとかしてもらいたいものです。
Imgp5712
Imgp5716
露天風呂から湯屋の窓を見ると、左ふたつが男湯なので、女湯は狭いようですね。
日が暮れる前に上がり、駐車場のトレーラーまで戻り夕食をとりました。
風呂上りのビールは美味い!ナベはカレー風味のキムチ鍋でした。まんぷく!!

夕食をとったあと少し休み、二湯目に夜の景福(300円)へ行きました(写真は翌朝撮ったもの)。
Imgp5790
内湯は暗くて上手く写真が撮れませんでしたが、お湯が湯船の底の砂利から湧出ております。幸せな感覚ですよ。
Imgp5734
露天風呂は半混浴になっていまして、写真をきらerさんに撮ってもらいました。
真っ暗な露天風呂から、満点の星空を約1時間楽しみました。3等星くらいは余裕で見えました。もちろん天の川も見えましたよ。
お湯は白濁しているので、他の客が入ってきても安心です。(この晩は貸切状態でしたが・・)湯加減もぬるめで、1時間くらいなら、のぼせることはありません。
Imgp5727
体が暖まったところで、トレーラーに戻り、その夜は就寝。

翌朝8時に、三湯目の野中温泉ユースホステル(200円)へ朝湯に入りに行きました。
Imgp5788_2
毎朝7時頃に湯抜きをしていますので、湯船にお湯が溜まる8時には新鮮なお湯に浸かることが出来ます。もちろん3湯とも源泉掛け流しですが、ココが一番新鮮なお湯を感じます。
Imgp5753
ずっしりと大量のお湯が注ぎ込まれ、気泡が飛び散っております。
Imgp5760
ここも貸切状態で、ゆっくり朝湯を頂きました。ごちそう様でした。

ここで皆さんへの問題!
野中温泉ユースで見つけた、古ーい機械。
さて、これは何でしょうか?
Imgp5786
ヒントは、下の写真です。
Imgp5782
貴方は、解ったかな?

ってことで、今年の11月も野中温泉温泉ハシゴ三昧を楽しんで来ました。
ほんとに幸せな気分に浸かれます。皆さんも、どうですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

コタン共同浴場~正しい温泉②

ぢぢカヌーさんから、歩いて1分。
コタンの露天風呂手前に共同浴場があります。
Imgp4233_exposure
前回の入浴時に感動を覚え、写真を撮り忘れたこともあり、今回の目的の一つでもあります。(^^ゞ
入浴料の150円を管理人さん(お湯の管理ご苦労さまです)に払い、早速浴場へ。
(営業時間12:00~22:00 水曜定休)
Imgp4235
お湯の臭いも色も、自分の好みです!(掛け流し、加水あり。でも濃い泉質です)
湯船に浸かると、程よい熱さに思わず「う~~っっ。おぉ~~っっ・・・・」と、ため息が出てきます。
いや~久しぶりに、良い温泉に出会えました。
なにより先月も今回も誰も客が居なくて貸切状態だったことが、ポイント高いですね。(^^)v
たぶん、この辺り一帯の別荘と、コタン露天風呂も同じお湯だと思います。
Imgp4237
それならここで150円払って、のんびり入った方が落ち着けると思います。
おすすめですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビラオの湯

雨上がり野中温泉を後にし、カーブ連続の阿寒横断道路を走り弟子屈まで下りて来ました。
先月も休んだ水郷公園へトレーラーを停めると、日帰り温泉の看板が見えました。
Imgp4209
Imgp4226
歩いて行ってみると、それはペンションの施設で午前10時から営業していたので、早速入ってみることに。
Imgp4210
継ぎ足しの離れの増築になっており、裏口から入りました。
Imgp4221
湯船に浸かると、あまり特徴の無いお湯でがっかり・・・加水をしているようでした。
洗い場も狭く、混んでいるときは避けたほうが良いかも。
Imgp4212
息苦しいので露天風呂へ・・こじんまりしていて落ち着きます。
お湯も源泉掛け流しのようで、ツルツル感があり、やっと温泉の街に来た実感が湧いてきました。(^^ゞ(大人300円也)
のんびり浸かったあとは、コタンへ移動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野中温泉(ユース)~正しい温泉①

Ca340076
仕事終了後、2時間車で走りオンネトー野中温泉に入ってます。良いお湯です。(大人200円也)
圏外にて翌朝アップ致しました。

追記:この日は土砂降りの雨の中、やっとのこと雌阿寒温泉駐車場へ着きました。先月は景福でしたが、ここ野中温泉の湯は、少し苦味があり独特のマリンブルーの色をしています。この内風呂の屋根は板張りなので(トタンは腐食するらしい?)雨漏りがひどかったのが、唯一の欠点かな(^^ゞ

Imgp4207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

アサヒ湯その後

昨日も偵察に行ってきました!
Imgp2499
オープンは、8月に入ってからだそうです。
この日、新しい管理人さんは近所の老人達に声を掛けて、男湯だけを無料で入浴させておりました。(女湯は、まだ工事中)
ちょうど、おばあちゃんが4人ほど入っていて、そのあと入って良いよ!とのことでしたが、しばらく待ったのですが出てきそうも無かったので(^^ゞ入浴はオープン後の楽しみということで、写真だけ撮らさせて頂きました。
Imgp2500
これが温泉井戸です
Imgp2498
番台は、こんなふうに替わりました。まだ工事中なので雑然としております。
Imgp2497
男女共用の休憩室です。
Imgp2496_1
男湯、入り口です(この日は、おばあちゃんが入浴中)
Imgp2507
女湯入り口です。
Imgp2504
カランも床も新しくなりました。
Imgp2506
浴槽です。アプローチが良くなりましたね。
温泉湯は、しばらく止めていた為、温度が低いそうです。
でも、そのうち元の湯温に戻ると思います。
もちろん源泉かけながしはかわりません!
楽しみだぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)