2008年5月22日 (木)

とかちミルキーライナー

今回、きらerさんが、苫小牧から帯広へ来る足に、先月末からバス運行を開始した「とかちミルキーライナー」を利用してみました。
Sn3a0049_2
路線は、千歳空港⇔帯広駅(ワシントンホテル前)。高速道路を利用して約3時間30分。1日4往復運行され、片道運賃がなんと3300円!往復で6200円!!回数券4枚綴りで11600円(2900円/1枚)!!!と超安いです!
ダイヤが使えないとか、帯広市民には無縁だとか言われているようですが、千歳近郊の住人にとっては気軽に使える帯広までの足になるでしょう。(千歳空港までのアクセスはとても簡単)
Sn3a0050
ちなみに「おびうん」の車両はバスマニア?では憧れ?の日野セレガの新車で、ゆったり独立3列シート!ファーストクラス並みです。もちろんTV、DVD、トイレが装備。ノンストップで乗り心地もバツグン!良く寝られるそうです(^^ゞ
Busimage
(写真は、おびうんHPより拝借)

完全予約制ですが、今回きらerさんが乗った便は客が2人と寂しく、この先大丈夫?と心配しておりました。
とかちミルキーライナーが無くならない為にも、皆さん利用してください。>おびうんの諜!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

もう日勝峠はいらない

昨夜、苫小牧へ帰る際、初めて道東道の新区間を走ってみました。

Ca340088

土砂降りの雨の夜だったので、風景を見ることは出来ませんでしたが快適なドライブでした。

ETC通勤割引の時間帯だったので、帯広JCTから乗ってトマムICまで。料金は普通車で650円。まあ、納得の料金設定かな。それにしても注目は西帯広からトマムまで、なんと約40分で行けてしまいます。自分はスキーをしませんが、十分ナイタースキーを楽しめる圏内になりました。ちなみに清水ICからトマムICまではETC通勤割引で350円。時間にして約20分弱です。

走ってみての感想は、とにかくフラット!もう峠とは思えない程アップダウンがありません。片道1車線ですが、長い登りでは追い越し車線が区間2箇所あるので、よほど通行量が増えるか遅い車が居ない限り走っていてストレスを感じることは無いでしょう。カーブも緩やかで、道路幅もゆったり、トンネルも明るく、走ることが楽しくなりそうです。

ただ唯一気になったことは、料金所に未だETCゲートが設置されていないことです。通行量が少ないから長い間待たされることはありませんが、ETCを車に取付けてから6年以上も料金所で止まったことが無い自分には、ものすごーいストレスを感じます。早期に設置される事を望みます。

トマムICから苫小牧へは、占冠からの名石駐車場へのショートカットを通らないで、日高・門別経由で帰ります。日高町手前の日高峠までの道路は殆んどフラットで、すなわち帯広から日高峠までは峠が存在しません。トマムICを下りてから道路幅が狭くなることと、トマム駅付近の道路が少し荒れている事を除いては、とても快適な道路です。ただ清水ICからトマムIC経由で日高町までは約55分かかるので、日勝峠経由と時間的に変わらないのが残念ですね。

それにしても安全と快適さは、通行料金以上のものがあることは間違いありません。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2007年9月11日 (火)

道東道開通間近!清水IC~トマムIC

いよいよ道東道の清水IC~トマムIC間が、10月21日に開通する。
苫小牧への帰省の際、どうしても日勝峠を利用しなければならない私にとっては、とてもありがたい道路となる?はずである。
開通は当初、11月を予定していたそうであるが、WRC(ラリージャパン)の集客を見込んで前倒しして開催に間に合わせたそうである。
今回開通区間の最高標高が700M未満(正確な高さを忘れた(^^ゞ)であるので、日勝峠の同等標高で例えるなら、清水側のローソンから登ること展望台下のヘアピンカーブあたりの標高だそうです。良く日勝峠を利用される人なら経験あると思いますが、峠の展望台付近から上は霧で視界が悪くなったり、冬季間なら吹雪で登ることの出来ない車両を良く見かけると思います。
トマムまで開通になったとしても、実際の距離は日高町を経由した場合、13㎞程延びてしまうそうです。これでは時間的には、あまり変わらないかもしれません。しかし、日勝峠と比べて通行止めになる頻度や燃費や安全、身体的疲労などから見てメリットはとても高いと思います。
この区間の普通車の料金は800円。ETC通勤割引を利用すれば400円!
これは利用するしか無いでしょう!

それから札幌方面より利用される場合、距離を短縮する為にショートカットのルートが開通しました(地図を参照
樹海ロード、穂高トンネルと日高トンネルの間にある名石駐車場から赤岩青巌峡を経由して占冠道の駅に行く際、日高町経由から比べると距離は約13㎞短縮されますが、先ほどの話からすると日勝峠と道東道では、ほぼ同じ距離になる見通しです。結果的に時間短縮になるでしょう。
余談ですが、赤岩青巌峡の道路沿いにはロッククライマーに有名な岩があるのですが、週末には多くのクライマーが岩を登っているので、くれぐれもわき見運転には気をつけましょう!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

体脂肪日記

体脂肪を公開してダイエットしてみようと思う。11月28日AM7:20 体脂肪30.3%

20051123 193

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日勝峠

今夜は深夜0:10に苫小牧を発ち、帯広へと向う。平取を過ぎ、振内あたりから圧雪アイスバーン。日高町までくると温度計はは‐ 10℃を指している。このあたりからツルツル路面となり、冬道に慣れていない乗用車が30㎞のノロノロ運転で渋滞を巻き起こす。 運転に自信のない人は、この時期は乗らないで欲しい。どのくらい滑るかハンドルを左右に小刻みに振って確かめると、 反応にかなりの差を感じる。ハンドルを握る手に汗がにじむ。お尻がムズ痒い。四合目あたりで最低気温の‐14℃。路面状態は最悪。 他の峠と違って、大型車が頻繁に走る路面温度は‐3℃位だろう。日勝トンネルを過ぎると、帯広の夜景が目に飛び込んでくる。きれいだ。 気温は‐6℃に上がり融雪剤のおかげで、タイヤにグリップが戻ってきた。ホットする。そのあとは快適なドライブで、2: 50に帯広のアパートに着いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)